サイトメニュー

美容医療は慎重に行おう

医者

後悔しないためのポイント

美容皮膚科での美容医療は顔にメスを入れない治療ということもあり、気軽に受けてしまう人も少なくありません。ですが、施術を受けてから「こんなはずでは無かった」と後悔しないためにも、クリニック選びは慎重に行ったほうが良いと言えるでしょう。美容皮膚科で施術を受けて後から後悔するケースとして多いのが、「考えていたような効果が得られなかった」ということです。美容医療は副作用や失敗などが起こるリスクは少ないものの、的確な施術でなければ効果が出ないというケースがあります。特にレーザーや高周波などを当てる照射系の美容医療で起こりやすい失敗で、これを防ぐにはクリニック選び慎重に行う必要です。照射系の美容医療の場合、施術を行うドクターやスタッフが使用する機械の特徴をしっかり把握し、肌質や肌トラブルに合った適切な施術を行うことで効果が現れます。また、今までどのくらい機械を使ってきたかという使用頻度や、症例数などによっても術後の効果に差が出るようです。のちのち後悔しないためにも、施術を行うドクター・スタッフの理解度や経験、症例数は事前に確認しておきたいポイントです。
美容皮膚科では数多くの美容医療が行われていますが、その中でも特に中心的な施術となっているのが照射系の治療です。照射系の美容医療としてはレーザー治療やサーマクール、タイタンといった施術があり、シミやシワ・たるみを改善するといった、アンチエイジング効果を得られます。シミの元となるメラニン色素自体を壊してしまう、また肌のハリ感は弾力性に必要不可欠なコラーゲンを増やすのが、照射系の美容医療で得られる効果です。肌にレーザーやラジオ波、超音波などを照射するだけで、アンチエイジング効果が得られる手軽さで照射系の美容医療は、美容皮膚科でも人気を集めています。また照射系の美容医療は即効性が高いというのも魅力で、すぐに効果を実感したいという人にもおすすめです。レーザー治療・サーマクール・タイタンなど照射系治療は術後、一時的に肌が乾燥しやすくなったり、紫外線のダメージを受けやすくなるのでアフターケアを丁寧に行いましょう。保湿を重視したスキンケアに切り替える、さらに日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりするなどして紫外線対策を行うよう、術後に美容皮膚科から指導されます。