サイトメニュー

手軽に受けられる美容医療

女性

ダウンタイムが短い

美容皮膚科で行われている美容医療は術後のダウンタイム期間が短く、手軽に受けられるという魅力があります。メスを使う美容整形の場合、皮膚を切開・縫合することから回復するまでに数週間から数か月と長い期間が必要です。一方、レーザーや高周波などを照射したり、ヒアルロン酸などを注入したりするなどメスを使わない美容皮膚科の場合、回復までの期間はとても短いようです。美容医療の種類によっても回復までにかかる期間は異なりますが、数日から1週間長くても2週間程度しかダウンタイム期間はありません。また、ダウンタイム期間が短いというだけでなく、ダウンタイム期間中に出る症状も軽いというのが美容医療の魅力です。やはり施術内容は肌質などによって変わるものの、肌が赤くなる・ヒリヒリする・少し腫れを感じるという程度で収まるケースが多い傾向にあります。このように、美容皮膚科での美容医療は回復までの期間が早く、さらにダウンタイム中の症状が軽いという事から、仕事をしながら施術を受けたいという人に向いています。
美容皮膚科では各クリニックで様々な美容医療が採用されていますが、美容皮膚科定番の施術というのがいくつか挙げられます。美容皮膚科定番の美容医療として有名なのが、「ケミカルピーリング・イオン導入・フォトフェイシャル」です。ケミカルピーリングは特殊な薬剤を肌に塗り、人工的に古い角質を剥がすという作用を持つ美容医療で美肌治療やニキビ治療として良く用いられています。イオン導入は肌に微弱な電流を流すことでイオンバランスをコントロールし、より美容成分を肌の奥深くへ浸透させるという美容医療です。様々な肌質や肌トラブルの改善に有効な美容医療で、にきびやニキビ跡、アンチエイジングケア、オイリー肌などの改善に繋がります。フィトフェイシャルはインテンスパルスライトという、特殊な光を肌に照射する照射系の美容医療で、毛穴の開きや肌の赤み改善などに効果的です。肌へのダメージが比較的少ないとされているフォトフェイシャルは、敏感肌で悩んでいる人も治療を受けやすいと言われています。